Registration
 本2014年,日本はOECD加盟50周年の節目を迎え,5月にはOECD閣僚理事会の議長国を務めます。閣僚理事会では,「しなやかで強靭(レジリエント)な経済・社会」と「東南アジアとOECDの関係強化」を主要テーマとし,議論が行われる予定です。
 本シンポジウムでは,グリアOECD事務総長及び日本政府高官が基調講演を行い,内外著名パネリストを招いて,OECDが戦後日本経済に果たした役割とともに,今後の我が国の成長に貢献するOECDの可能性,特に安倍政権の経済政策への貢献や,東南アジアにおけるOECDの役割などについて議論します。

As Japan commemorates the 50th anniversary of its accession to the OECD this year, it takes up the Chair of the OECD Ministerial Council Meeting in May 2014. The main themes to be discussed of the meeting are “Resilient Economies and Inclusive Societies” and “Strengthening ties between the OECD and South East Asia”.
Mr. Angel Gurria, Secretary General of the OECD, and a high-level representative of the Government of Japan will be the main key-note speakers of the Symposium. The Symposium offers the opportunity to discuss the role of the OECD in promoting Japan’s post-war economic growth and its potential to further contribute to Japan’s future growth, especially economic policies under Prime Minister Shinzo Abe, as well as OECD's role in South East Asia.
2014年4月9日(水)9:00~15:00
9th April 2014
  日経ホール
東京都千代田区大手町1-3-7
日経ビル3F

NIKKEI Hall

Nikkei Building 3rd floor,
1-3-7 Otemachi, Chiyoda-ku,Tokyo, Japan
9:00-9:30
基調講演
木原誠二外務大臣政務官
アンヘル・グリアOECD事務総長

挨拶
安倍晋三内閣総理大臣

Key-note Speech
Mr. Seiji Kihara (Parliamentary Vice-Minister for Foreign Affairs)
Mr. José Ángel Gurría Treviño (Secretary General of the OECD)

Remarks
Mr. Shinzo Abe (Prime Minister)
9:30-11:00
第一部:パネルディスカッション
「50年後の世界-今取り組むべき課題は何か」
モデレーター: 岩田一政氏(日本経済研究センター理事長)
パネリスト: アンヘル・グリア氏(OECD事務総長)
佐々木かをり氏(株式会社イー・ウーマン代表取締役社長)
キャシー・松井氏(ゴールドマン・サックス証券株式会社マネージング・ディレクター)
   


Session 1:Panel Discussion
“World in 50 years - Challenges to be Tackled”
Moderator:   Mr. Kazumasa Iwata (President, Japan Center for Economic Research)
Panelists:  
  • Mr. José Ángel Gurría Treviño (Secretary General of the OECD)
  • Ms. Kaori Sasaki (CEO, ewoman, Inc.)
  • Ms. Kathy Matsui (Managing Director, Goldman Sachs Japan Ltd.)
11:00-12:30
第二部:パネルディスカッション
「OECDと東南アジア-橋渡し役としての日本」
モデレーター: 白石隆氏(政策研究大学院大学学長)
パネリスト: イヴ・ルテルム氏(OECD事務次長)
サン・ルイン氏(ミャンマー連邦共和国 国家計画・経済開発副大臣)
カエタノ・パデランガ氏(フィリピン共和国 開発アカデミー運営委員会委員長)
実哲也氏(日本経済新聞・論説副委員長)

Session 2:Panel Discussion
“OECD and Southeast Asia - Japan with a Bridging Role”
Moderator:   Dr. Takashi Shiraishi (President, National Graduate Institute for Policy Studies)
Panelists:  
  • Mr. Yves Leterme (Deputy Secretary-General of the OECD)
  • Dr. San Lwin (Deputy Minister for National Planning and Economic Development, Republic of the Union of Myanmar)
  • Dr. Cayetano W. Paderanga, Jr. (Chairman, Board of Trustees, Development Academy of the Philippines)
  • Mr. Tetsuya Jitsu (Deputy Chief Editorial Writer, NIKKEI)
13:30-15:00
第三部:パネルディスカッション
「しなやかで強靱(レジリエント)な経済の構築に向けて
 -OECDにおける日本の役割とOECDの将来-」
モデレーター: 野上義二氏(日本国際問題研究所理事長)
パネリスト: ガブリエラ・ラモス氏(OECD事務総長首席補佐官・G20シェルパ)
ヤン・スギル氏(国連持続可能な開発解法ネットワーク韓国常駐代表)
吉川洋氏(東京大学大学院 経済学研究科教授)
フィリップ・メスメール氏(ル・モンド東京特派員)

Session 3:Panel Discussion
“Toward the Resilient Economies - Japan’s Role in OECD and its Future”
Moderator:   Mr. Yoshiji Nogami (President, The Japan Institute of International Affairs)
Panelists:  
  • Ms. Gabriela Ramos (OECD Chief of Staff and Sherpa to the G20)
  • Dr. Soogil Young (Director, the Sustainable Development Solutions Network Korea)
  • Dr. Hiroshi Yoshikawa (Professor, University of Tokyo)
  • Mr. Philippe Mesmer (Correspondent, Le Monde)

2014年4月9日(水)15:15~17:50
シンポジウム終了後、同会場日経ホール3Fにて

9th April 2014 15:15~17:50
at Nikkei Hall 3F

シンポジウム終了後、学生向けのイベントを行います。
(社会人の参加も歓迎です)

イベントの詳細・参加申し込みはこちら
※学生向けイベントに参加するには、シンポジウムにも参加登録が必要です。
OECDを始めとする国際機関や外務省への就職を目指している方への説明ブースを,11:00~15:30の間,会場内に設置いたします。当日は,OECD本部人事担当者,OECD勤務経験者,外務省採用担当者及び国際機関人事センターの職員が,ご説明及びご相談に応じます。ご関心のある方は,是非,足をお運びください。
外務省 (Ministry of Foreign Affairs of Japan)
OECD
日本経済研究センター (Japan Center for Economic Research)
Registration
「OECD日本加盟50周年記念シンポジウム」参加登録事務局
Registration desk for "50th Anniversary Symposium of Japan's Accession to the OECD"
E-mail: oecd50th-reg@convention.co.jp
Tel: 03-3508-1277
お問い合わせ時間:10:00~17:00(土日祝日を除く)