今井 康陽先生
代表世話人
市立池田病院 病院長
今井 康陽先生
「大阪腹部超音波研究会」は北村次男先生が仁村泰治先生、岡益尚先生、横井浩先生、朝井均先生、内山正三先生、大石元先生、冨田周介先生など著名な諸先輩方とともに1970年代に始められた研究会を、大阪府立成人病センターの田中幸子先生が引き継がれ、腹部超音波を中心とした研究会として2001年に正式に発足しました。この伝統ある研究会を、今回私が世話人の代表として引き継ぐことになりました。本研究会の趣旨は、前世話人代表の田中幸子先生が言われてきましたように、超音波医学を愛する人達の集まりで、形式に捕らわれることなく、自由に討議する場を提供し、学会発表のようなよそゆきではなく本音で語り合える会であります。本研究会は毎回150人余りの超音波検査技師の方を中心とした皆さんが参加されるactivityの高い研究会です。これからも症例の検討、各領域のまとまったお話であるミニレクチャ、年1回の特別講演を軸に会の運営を進めていきたいと思っております。超音波医学は新技術の開発が次々と行われ、非常に進歩しています。腹部を中心とした新たな超音波に関する展開をリアルタイムにご紹介していきたいと思っております。また、新しく超音波検査を開始された皆さんに対しても、基本的な技術のレクチャ、ガイドラインの紹介も織り交ぜて、参加してよかったと思われる研究会にできればと思っております。
この度大阪府立成人病センターに事務局を移し、厳重な管理体制の下、メーリングリスト作成いたします。これにより、会の開催日、内容などの情報提供を迅速に行うことが可能になります。また、皆様からのご質問、ご意見、情報などもいただければ幸いです。皆さんのご協力を頂き、「大阪腹部超音波研究会」がより実りのある研究会としてさらに発展すること祈念いたしております。よろしくお願い申し上げます。


特別顧問 北村次男 先生
特別顧問
北村 次男先生
 


代表世話役人 田中 幸子
大阪がん循環器病予防センター
所長
田中 幸子先生
 


トップページに戻る