第35回臨床研修研究会

準備室

日本コンベンションサービス株式会社
〒100-0013
東京都千代田区霞が関1-4-2
大同生命霞が関ビル14F
TEL: 03-3508-1214
FAX: 03-3508-1302
E-mail: rinken2017[あ]convention[ど]co[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

ご挨拶

会長:絹川常郞

第35回臨床研修研究会
会長 絹川 常郞
(JCHO中京病院院長)

このたび、第35回臨床研修研究会を、平成29年4月22日(土)に、名古屋市 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)にて開催させていただくこととなりました。歴史ある本研究会の幹事病院を中京病院として27年ぶりに仰せつかり光栄に存じ、鋭意準備に取り組んでおります。

平成16年に始まった新医師臨床研修制度は、平成29年には13期目の初期研修医を輩出します。平成29年度からは、新臨床研修を修了した医師を主な対象とした新専門医制度が開始されることとなっておりました。しかし、制度を誰もが納得でき、より時代のニーズに合ったものとするために、最低1年そのスタートは遅らせることとなりました。議論の論点はいくつもありますが、この新制度はプロフェッショナルオートノミーに従って運営されるべきとの主張が盛んになされています。そこで、初期研修制度の下でのプロフェッショナル教育はどのように行われてきたのか、どのように発展させなければならないかという点に注目いたしました。

そのような経緯で今回のテーマを「プロフェッショナルを育てる」とさせていただきました。午前中に行われるシンポジウム1では、「プロフェッショナル教育~専門職意識の涵養~」という題で、初期研修の中でのプロフェッショナリズムの位置づけについて議論を進めたいと考えています。午後に行われる、「研修病院第三者評価~環境を整える~」では、研修病院のプロフェッショナルを育てる環境をどう評価して、目標到達に繋げるかを議論していただく予定です。

この研究会での議論が初期研修制度の躍進のみならず、新専門医制度に対しても影響を与えることができれば、会を開催する者にとっても幸甚です。

本会が、参加される皆様にとって有意義なものとなりますよう、関係者一丸となって準備をさせていただきます。多くの方々のご参加を心からお待ち申し上げます。