準備室
日本コンベンションサービス株式会社関西支社
〒541-0042
大阪市中央区今橋4-4-7
京阪神淀屋橋ビル2階
TEL: 06-6221-5933
FAX: 06-6221-5938
Email: rps2016@convention.co.jp
5th Reduced Port Surgery Forum 2016 in Osaka/第15回Needlescopic Surgery Meeting 第10回単孔式内視鏡手術研究会

当番世話人挨拶

このたび北野病院の金澤先生と第5回Reduced Port Surgery Forumを開催させて頂くことになりました。今回は、単孔式内視鏡手術研究会が第10回、Needlescopic Surgery Meetingが第15回という大きな節目となる会となります。そういった機会に当番世話人を仰せつかり、たいへん光栄に存じます。
Reduced port surgeryは、今では安全で確実な手技として認められるようになって来ました。胆嚢摘出術などでは標準術式とする施設も増え、技術認定試験を単孔式で受験しようとする外科医も出てくるなど、内視鏡外科の中で大きな位置を占めるようになっています。また単孔式やneedlescopicという言葉を敢えて使わなくても、より少ないポートで、あるいはより小さなポートで、手術侵襲を少しでも小さくしようとする意識が外科医に広く普及してきています。これは、Reduced Port Surgery Forumを通じて、研究会のメンバーが優れた技術を示し、従来の内視鏡手術と劣らない優れた成績を証明してきた成果だと思います。今後もReduced Port Surgery Forumが国内外の外科医をリードし、外科学の発展に貢献していくことを確信しています。私どもは第5回Reduced Port Surgery Forumがその一助となる様に全力を挙げて準備を進めてまいります。皆様の積極的なご参加と活発な討論をお願いいたします。

第10回単孔式内視鏡手術研究会
当番世話人:関本貢嗣(国立病院機構大阪医療センター 外科)

第10回単孔式内視鏡手術研究会 当番世話人:関本貢嗣(国立病院機構大阪医療センター 外科)

このたび第5回Reduced Port Surgery Forumを大阪医療センター外科の関本貢嗣先生とともに開催させていただくことになりました。この先進的な会を開催することができることを心より光栄に感じております。これまでも会を重ねるたびに教育や新しい技術の開発や安全性などについて多くの議論がなされてきました。今回テーマとして“RPSが変えたもの、変わらないもの”としてこれまでの患者に優しい手術をめざして努力してきた成果をみなさまと一緒に深く考察し、RPSのみならずより良い内視鏡手術をめざす全ての医療者とそれを受ける患者に貢献できるような結果を将来につなげられるような議論ができる場を作ることができればと思います。暑い時期ではありますが、大阪ならではのコッテリした食材も楽しんでいただき、エネルギーを蓄えて内視鏡外科の未来につながる熱い討議をよろしくお願いいたします。

第15回Needlescopic Surgery Meeting
当番世話人:金澤 旭宣(田附興風会医学会研究所 北野病院 消化器センター外科)

第15回Needlescopic Surgery Meeting 当番世話人:金澤 旭宣(田附興風会医学会研究所 北野病院 消化器センター外科)