会長挨拶
岩﨑 昭憲 第31回日本内視鏡外科学会総会 会長
岩﨑 昭憲(福岡大学医学部 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科 教授)

このたび、第31回日本内視鏡外科学会総会を、平成30年12月6日(木)・7日(金)・8日(土)の3日間、福岡市において開催させていただくことになりました。
世界でも最も大きな内視鏡外科関連の学術集会であると共に、最もアクティブな学術集会の会長にご指名いただいたことは、大変名誉なことと存じており、心より感謝申し上げます。
参加の方々に快適に参加をいただけるように、福岡国際会議場、マリンメッセ福岡、福岡サンパレスホテルなど連結した会場を用意いたしました。

学会のテーマは、「The Next Step Forward ~夢を描き未来を開く~」といたしました。多くの領域で質の高いエビデンスが生まれ、現在では内視鏡外科手術は、もはや特殊な治療技術ではなく日常の診療に広く浸透するようになっています。またご存知のように、4月1日よりロボット支援手術が消化器外科、呼吸器外科、産婦人科、心臓血管外科領域に待望の診療報酬が認可され、泌尿器科でも適応疾患が広がりました。まさにロボット支援手術の臨床実施元年となりました。またAIなど最新技術との融合が注目されるのも内視鏡外科領域です。まさに新たな時代への入り口に立っている総会ではないかと考えます。幸い一領域にとどまらず横断的である当学会は、お互いの技術を学び享受し自らも発展できることができる魅力を持っています。
皆様よりいただきました御意見や要望を参考にし、多くの特別講演、教育講演、シンポジウム、パネルディスカッション、ワークショップを企画しています。海外招請者からも新しい情報を、皆様に提供して頂くことになっています。

参加いただける先生方に満足が得られる発表時間や場所を提供する工夫を考えております。
是非多くの演題登録をいただき参加をいただきますよう心からお願い申し上げます。

ご存知のように福岡は、学会以外にも食文化や博物館、宗像・沖ノ島の世界遺産など楽しみも多いところです。総会とともにご堪能いただけると幸いです。多くの皆様の来福をお待ちしております。

© The 31st Annual Meeting of the Japan Society for Endoscopic Surgery.